口内炎の予防に役立つ食べ物とは

口内炎ができたときは、熱すぎるものや辛い食べ物は避けた方がいいでしょう。
患部が熱を持っていることも多いので、ひんやりとしたものが食べやすいです。
プリンや豆腐など、噛み砕いたり飲み込むのに時間がかからないものなら、患部への刺激も少なくて済みます。
ふんわりとした卵料理もいいでしょう。
しかし、口内炎は再発しやすいと言うのが特徴的です。
口内炎を予防することも大事になってきます。
口内炎は食事の栄養バランスが悪いとできやすくなると言われています。
とくに、ビタミンB群が不足すると、口内炎ができる確率がアップするので気をつけましょう。
ビタミンB群を意識して摂取することが大事で、とくにビタミンB2を摂るようにしたいです。
ビタミンB2は、レバーや納豆やうなぎに多く含まれていますが、レバーペーストなら口内炎ができていても食べやすいでしょう。
もちろん、こまめにうがいをして、口の中を清潔に保つことも忘れてはいけません。